キーワード検索

商品ジャンル

ファッション

家具・インテリア

生活雑貨

什器・店舗資材

電化製品

食品・菓子・飲料

アパレルメーカー・雑貨メーカーと小売店を繋ぐ卸・仕入れサイト

アパレル・雑貨メーカー各社とスーパーデリバリーで取引可能です

小売店向け卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」
小売店専用仕入れサイト
TOP  > 免税店のススメ
Japan.Tax-freeShop

外国人観光客が増加中!免税店になるには?

小さな個人商店では「免税店」になれないと思っていませんか?免税店の申請をしてインバウンド対策をはじめましょう。

免税店とは?

私のお店も「免税店」になれますか?

外国人観光客などの非居住者に対し特定の物品を一定の方法で販売する場合、消費税を免除して販売できる店舗のことを「免税店」と呼びます。
消費税課税の事業者であれば申請することができるので、大手企業だけではなく個人事業主の小さなお店でも免税店申請ができます。

免税店になるまでの流れ

免税販売には税務署の許可が必要です。

  • STEP1申請条件を確認する

    まずは申請条件を満たしているか確認しましょう。免税販売手続きに必要な人員や場所、過去の納税状況などの条件があります。

  • STEP2税務署に申請する

    税務署に免税販売の許可申請をしましょう。事業者が納税地を所轄する税務署に「輸出物品販売場許可申請書」などを提出します。

  • 審査に通過すればあなたのお店も免税店!

免税店になるメリット

免税は外国人観光客だけではなくお店にとってもメリットがたくさんあります。

  • 来店のきっかけに

    「TAX FREE」をきっかけに、お店の魅力を伝えるチャンスになります。あなたのおもてなしが日本旅行の思い出の1ページになるはず。近隣の競合他店との差別化にもつながります。2014年10月からは、消耗品を含むほぼ全ての商品が免税対象となりました。

  • 客単価がUP

    単価が高めのこだわり商品も「免税だから購入しよう」と決断を後押し。「あと○円購入すれば免税対象額になるから」と抱きあわせ購入も見込め、客単価の増加が期待できます。

  • ターゲットが拡大

    国内のお客様に加え、ターゲットが世界に広がります。商店街ぐるみで免税化すれば、エリアの魅力もアップ。地域の名産品をアピールするなど、地域活性にもつながります。

申請方法を確認しよう

免税店申請に役立つリンク集です申請方法や販売手順を確認しましょう。

  • 消費税免税店サイト

    国土交通省 観光庁

    国土交通省が運営する免税店事業者のための情報サイト。訪日外国人の消費動向データや、各種免税手続きの多言語シートもダウンロードできます。

  • 免税店.jp

    一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

    免税店支援の総合情報サイト。免税店の申請方法や、免税店になった後も役立つ情報を発信。無料の会員登録でより詳しい情報や各種サービスが利用できます。